映画「ロケットマン」観たよ

スポンサーリンク
映画
スポンサーリンク

みなさんこんにちは。

 

先日映画「ロケットマン」を観ましたので感想を書いていきたいと思います。

 

なぜ今更観たかと言うと、僕の会社ではBGMがかかっていて、先日社長が80年代の洋楽をかけていて、その中で聴いたことあるけどアーティスト名も曲のタイトルも知らないけど、どこかで聞いたことあるなと思った1曲がありました。

 

すぐさま僕はアイフォンで周辺の音を拾って曲名を教えてくれるアプリを起動。

するとこちらの曲でした。

Goodbye Yellow Brick Road

 

とってもいい曲。

何でこんな美しいメロディが作れるのだろう。

妻さんにも聞かせましたが、妻さんも聞いたことあるとのこと。

 

ということで、エルトンジョンさんの自伝映画「ロケットマン」を観てみました。

 

この映画、公開されたタイミングがほぼ「ボヘミアン・ラプソディ」と同時期かすぐ後かくらいで、二番煎じ感丸出しで当初観る気になれませんでした。

 

で、内容はほぼ「ボヘミアン・ラプソディ」と一緒だなと感じました。

というかしょうがないんだと思います。

フレディマーキュリーさんもエルトンジョンさんも世界中で売れてトップまで上り詰めて、性的な葛藤を持ち、薬に走り…

ほとんどとは言わずも境遇が似てるなと。

 

なので、この映画があまり評価されないのは、この映画を発表したタイミングではないかと思いますが、内容としては仕方ないのではと思いました。

きっとあそこまで上り詰めたら誰しもああなるのでは。

 

あともちろん曲も違うし、名曲がどういう理由で生まれたとか、スタイルもピアノだし、そこは全然違うので観てて面白かったです。

 

一昨日のCDTVに出てたようなアーティストではここまでにはならないでしょう。(森山直太朗さんは評価しますが)

昨日の「CDTV ライブ! ライブ!|TBSテレビ」観た感想
みなさんこんにちは! 昨日のCDTV ライブはご覧になりましたか? 皆さん歌が上手でした。 そしてもうアラフォーの僕たち夫婦は、全く知らないアーティストの方もいて、年取ったなとしみじみ思いました。 ...

 

そしてこの曲が最近大好き。

After All

ちゅん

コメント

タイトルとURLをコピーしました