【友達、羨ましい】西加奈子さん「i」読みましたよ

スポンサーリンク
読書
スポンサーリンク

みなさんこんにちは

 

先日、西加奈子さんの「i」を読んだので感想を書いていきたいと思います。

僕は西加奈子さんの小説が好きで、先日も「夜が明ける」を読んだばかりでした。

西加奈子さん『夜が明ける』読んだ感想
みなさんこんにちは 昨日、西加奈子さん著の「夜が明ける」を読み終えたので、感想をネタバレで書いていきたいと思います。 僕は西加奈子さんの作品が大好きで、「サラバ」からハマりました。 全部の作品を読んでいるわ...

 

で、この「i」は以前読んだのですが、なぜか記憶が全然なく、もう一度読んでみました。

 

とことんアイデンティティーに追求したテーマでした。

自分の存在って何?っていう。

そうした悩みを、LGBTや戦争紛争、養子、移民問題など様々な切り口から考えさせられる物語でした。

 

今もまさにロシアとウクライナが交戦状態ですが、こうした現状も踏まえて読むとさらに感慨深いものがありました。

 

特に印象深かったのが、物語終盤、これでもかというくらい「アイラン・クルディくん」の名前が出てきます。

 

恥ずかしながらこの「i」を読むまで知らなかったのですが、シリアの移民の方々が船で移動中に転覆して、その中の一人の男の子「アイラン・クルディくん」がトルコ沖の海岸に打ち上げられ、その写真が世界中で注目され、移民問題が大きく取り上げられたとのこと。

 

実際僕も本を読み終えた後調べてみましたが、悲惨な出来事ですね。

こんなことが実際あったなんて。

いや、今も続いているなんて。

 

あとはアイとミナの関係にとても感動しました。

ロスで再開するシーンは涙しましたよ。

あと、ケンカしたあとのミナからのメールを読んだ後、アイが

「喉が焼けるほど泣いた」っていうところ。

僕も焼けるほど泣きそうになりました。

実際には泣いてないんですけど、泣きそうになって息が「ハァ、ハァ…」ってなりました。

 

友達っていいなって思いました。

羨ましいなって。

 

僕にはいないけど。

 

だから主人公のアイは自分で幸せな境遇について悩んでたけど、本当に幸せな人なんだと思います。

 

こんな良い友達と巡り会えたんだから。

 

ちゅん

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました