【愛は時空を超える】「インターステラー」の感想(ほぼネタバレなし)

スポンサーリンク
映画
スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

昨日はなぜか夜中3時に目覚めてしまって、それから眠れず目が冴えてしまったので、途中まで観ていた映画「インターステラー」を観てました。

 

夜中に映画っていうのも初めてでしたが、なかなか良かったです。

まあ、そんなわけで今日すごい眠いですけどね。

 

というわけで、今更ながら「インターステラー」を観ましたので、これから観る方にとって影響がないようにネタバレなしで感想を書いていきたいと思います。

超大作で、僕はすごく面白かったです。おすすめです!

 

スポンサーリンク

『インターステラー』監督はあの人!

この映画の監督は今劇場公開中の「TENET(テネット)」という映画の監督である、

クリストファー・ノーランさんです。

今まで有名な作品でいうと「インセプション」「ダンケルク」「ダークナイト」とどれも映画史に残る作品を世に出してきています。

 

僕は上記の三作品は観てるのですが、「テネット」は観ていません。

なぜか?

そう、バカだからです。

 

聞くところによると、かなり内容が難しいみたいじゃないですか。

僕はミーハーなので、少しでも「話題作!」とか「興行収入~円!」という決まり文句を言われるとそれだけで観たくなってしまうのです。

ですが、この「テネット」も結構メディアでも取り上げられ、コロナの映画不況を打開する一本になるだろうと言われていましたが、それでも観ていません。

 

やっぱりさすがのミーハーでも、内容が分からなければ、楽しめないのが分かっているのにお金を払うことはさすがにできませんね。

もっと読解力があればいいのですが…

「テネット」はDVDで観たいと思います。

なので、いくつかノーラン先生の映画はいくつか観てるのですが、この「インターステラー」は観てなかったので、満を持して観れたのです。

 

スポンサーリンク

簡単なあらすじと予告

地球の寿命は尽きかけていた。
居住可能な新たな惑星を探すという人類の限界を超えたミッションに選ばれたのは、まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男。
彼を待っていたのは、未だかつて誰も見たことがない、衝撃の宇宙。
はたして彼は人類の存続をかけたミッションを成し遂げることが出来るのか?

※公式ホームページから引用

【ワーナー公式】映画(ブルーレイ,DVD & 4K UHD/デジタル配信)|インターステラー
インターステラー(マシュー・マコノヒー,アン・ハサウェイ,ジェシカ・チャステイン)に関する情報をこちらでご覧になれます。

 

 

スポンサーリンク

この映画の素晴らしいと想ったところ

 

これを映像化するとは…!

あらすじにもあるようにこの映画の舞台は「宇宙」です。

色んな宇宙にまつわるSF映画を観てきましたが、これはまた新しく、驚きがいっぱいです。

 

ここでの言及は避けますが、「これを映像化してしまったのか…」という衝撃でした。

といっても、僕には難しすぎてよく分かってなかったのですが…

 

ハラハラドキドキ

やっぱり宇宙というどうしようもない環境なので、所々絶望的なシーンがあるのですが、なかりハラハラします。

前に「ゼロ・グラビティ」という映画がありましたが、あの映画もかなり恐かったですけど、この映画も改めて「宇宙」の恐さを感じました。

 

まさかのあの有名俳優も出演!?

この映画、途中からかなり大物俳優が登場します。

主人公のマシューさんも、博士のアンハサウェイさんなど、名役者で固められてますが、途中から出てくる俳優さん、びっくりしました。

これもお楽しみの一つですね。

 

銀河系、惑星がリアルに感じる

「宇宙」ということで、確かに壮大な舞台ではありますが、それぞれの惑星や銀河系など、多少説明もしてくれますし、描写がリアルなので、「本当にこんな星があるかも…」という夢を感じます。

なので、そこでアクシデントがあるとハラハラドキドキになるんですね

 

地球が心配になる…

この映画で描かれること全てが「地球の終わり」が迫っているからこその行動であります。

 

今、環境問題が深刻な状況になっている世界。地球。

本当にこの映画の用になってもおかしくないなと思うと、「ただの映画」で済ませられない気持ちになります。

もっとSDGsを意識していかないといけませんね。

 

全ては「愛」で何とかなる

Dimitris VetsikasによるPixabayからの画像 

この映画はSFですが、何と「愛」も重要な要素です。

やっぱり人間は「愛」が全てなんですね。

 

この「愛」について、色々なレビューを見てみると賛否両論ありますが、僕としては、この題材はとても良かったと思います。

人は生きていくのに「愛」が必要なんです。

なので、僕も、皆さんも「愛」という想いをもって幸せになりましょう。

そんな気持ちになりました。。

 

最後に

僕は全く物理に接してこなかったので、多少チンプンカンプンなところもあったのですが、それでも十分に楽しめますし、何と言っても超大作です。

かなりスケールが大きい話は、見入ってしまいますね。

 

でも、この映画3時間近くあるので、もし家で観るなら休み休み観てもいいと思います。

 

物理を少しでも学んでいる学生や、今物理関係のお仕事されている人はぜひ観るべき一本です!

そうじゃない人も是非、今話題のノーラン先生の1本、オススメです!

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました